スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛白書が萌え化!?

丸の内オアゾの丸善で偶然すごいものを見つけてしまった。

bouei1701.jpg
まんがで読む!平成17年版防衛白書

!?
こっ、これは・・・ついに防衛白書までが萌え本に?

B5版で32ページ、定価は350円(税込)
発行は財団法人防衛弘済会。
防衛庁所管の公益法人で、防衛情報誌の「SECURITARIAN(セキュリタリアン)」や「日本の風」を発行している。

防衛弘済会のまんが防衛白書紹介ページ
表紙だけ見ると、前年度より格段にグレードアップしていることが分かるだろう。

で、肝心の中身だが・・・
bouei1706.jpg
登場人物はピンク髪ツインテール(←ポイント)少女の“でこ”、ぬいぐるみっぽいクマのデコポソ、そして物知りのしゃべるパソコン(マッキントッシュ)のSE/30。
保守・リアリストのでこは、平和主義のデコポソと衝突する。

タカ派少女VS平和主義クマ
bouei1710.jpg
デコポソ「日本は戦争放棄シタ平和国家デス。ぼ・・・防衛って何デスか?!」
でこ「うるさいよ戦争戦争って。防衛の話だっていってんだろうが」

bouei1707.jpg
デコポソ「デモ防衛力って要は軍事力には変わりないデショウ!」
でこ「じゃあさ、たとえば日本が丸腰になったら、テロは絶対起きないの?災害が起きた時はどうするの?国際社会で孤立したらどうなると思う?「防衛力」の意味だって、かなり変わってきてるってこれだけいってるのに」

bouei1703.jpg
デコポソ「何を当たり前な・・・そりゃ日本は平和国家デスからアメリカの基地があるのはよくないことでショ
でこ「ちょっと待てや!!沖縄はね、地理上すごく重要な場所なんだよ。だから米軍の存在が必要なの!!」

bouei1704.jpg
デコポソ「やハリ国際社会の一員として、精一杯平和のためにできることを・・・!!」
でこ「いやあ単なる表現の違いっしょ。実際、全てのものがメリットがあるかどうかで動いてるわけだし

注目すべきは何気に過激なでこの発言。
特に↓は秀逸。
bouei1705.jpg
でこ「隣の国がやたら国防費増やしてるのに・・・(中略)それってすっごい気持ち悪くない?

この微妙な日中関係下でよく言った!感動した!(←古い)

どうも中国のことを「脅威」というと怒られるみたいなので、「気持ち悪い」と表現してみよう。
・日本の周りに調査船を出してるのは、戦争の準備をしているみたいで気持ち悪い。
・ロシアとの合同演習は、台湾侵攻の準備をしてるみたいで気持ち悪い。
・グアムまで潜水艦を出してるのは、アメリカとの戦争に備えてるみたいで気持ち悪い。
・・・なんだか脱線してるみたいなのでこのぐらいにしておこう。

防衛白書は防衛庁編集・(株)ぎょうせい発行であるが、このまんが防衛白書はあくまで防衛庁協力・防衛弘済会発行。防衛庁本体ではないので多少過激なことを言っても大丈夫なのだろうか。

もっとも永田町の某国会議員事務所には防衛庁から広報ビデオと一緒にまんが防衛白書が送られてきていたので、実態は防衛庁発行と変わらないかもしれない。

さて、萌えるかどうかは個人の好みもあるので難しいが、それを抜きにしても政府機関(正確には防衛弘済会だが)が出しているマンガにしてはがんばっている方じゃないだろうか。白書の内容でとりわけ重要な、我が国の安全保障環境の変化と自衛隊の任務の多様化については、これだけ読めば理解できる(はず)。

値段も安いので、興味を持った方はでかい書店の白書コーナーへGO!無い場合は防衛弘済会の通販という方法もある。

防衛弘済会さん、来年度も是非この路線で。

ちなみに、作者のでこくーるさんは「萌え」といわれることに当惑しているらしい↓
私の漫画は果たして本当に萌え系なんだろうか(deco★decocool)

関連記事
萌え防衛白書の原点
でこくーるさんはセキュリタリアンの方でもマンガを描いていた。

関連リンク
防衛庁
防衛弘済会
株式会社ぎょうせい
作者のでこくーるさんのブログ:deco★decocool
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まんがで読む防衛白書が萌えと評され苦悩する作者

萌える防衛白書と揶揄された漫画で読む防衛白書だが、各方面で「萌え」と批評されていることに作者が苦悩しているようだ。

まんがで読む平成17年版防衛白書 <小ネタの坂道>

どーも―マグロンです。今日は別ネタがあったんですが、時間が無い・・・暇が無い・・・てかマンドクサイ orzとか言いながら更新してる訳ですがwwwさて、今日ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。トラバ&ご購読ありがとうございます。
著者のでこくーるです。
右寄りな考え方vs左寄りな考え方の議論のシミュレート+解説、という形が一番押し付けがましくなく、内容をわかりやすくお伝えできるかな、と思ったのがこのスタイルだったのですが、そのあたり読み取って頂けたようで嬉しいです。
記事最後の一文が面白かったのですが、実際萌え絵のはしくれにも置いて頂けたのは初めてなので、かなり恐縮しております(ピンクのツインテールがポイントというのは貴重なご意見を頂いた感じです笑)。
実際、防衛についての位置付けや考え方をもっとわかりやすく一般に周知したいというのは防衛庁さん的にも悲願のようですし、私の仕事がその一助になれていれば幸いです。
かすとでぃあんさんには楽しんで頂けたようで嬉しいです。

>>でこくーるさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
最近やたら「萌える~」というタイトルの本が出てるので、この本もそれを狙ってるのかと思ったのですが違ったみたいですね。
でも、結果的に「萌え」ということで話題になるのはいいことじゃないでしょうか。
私も、この表紙じゃなければ丸善で手に取ることもなかったでしょうから。
ピンク髪ツインテールですが、記事中にも書いたとおり「萌え」は個人によって異なるので参考程度にしておいて下さい。
「ツインテール萌え~」というのはよく聞きますけどね(笑)
Twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ヤミ

Author:ヤミ
情報サービス産業で働いてます。政治経済を中心に日ごろ思っていることを書いていこうと思います。でも、たまに趣味に走るかも。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。